無添加を選ぶべき?

無添加を選ぶべき?

青汁ダイエットは長期間青汁を飲み続ける必要があるため、添加物の影響は気になる方もいるでしょう。添加物は少量でも体に負担となることがあるため、できれば避けるのが無難です。ただし、無添加の青汁のほうが飲みやすいかといったら、実はそうではないのです。

 

・ 100%青汁原料はマズイ
例えば明日葉100%、ケール100%などの青汁が売られていることがあります。確かに無添加で健康にも良さそうな感じがしますし、混ぜ物がないため原料そのものの効果を実感できます。ただし、明日葉やケールのような原料はそのままだと癖が強いため、マズイ青汁になる可能性が高くなります。

 

・ 溶けやすくする添加物
添加物を加えているほうが溶けやすいメリットもあります。100%原料そのものだと、野菜100%なわけですから溶け残りがでやすくなります。シェーカーを使う方は良いのですが、水に溶かして直ぐに飲みたい方にとって無添加は飲みにくいかもしれません。

 

・ やっぱり無添加?
無添加で青汁原料100%の商品でも、最近では飲みやすさに配慮したものも売られています。甘いケールを使用して味を良くしたり、青汁の加工方法を工夫して溶けやすくした商品などです。添加物は青汁に含まれる食物繊維で排出しやすくなるとはいえますが、アレルギーがある方などは無添加を選んだ方が体には負担が少なくなります。