大量に飲んでも意味がない

大量に飲んでも意味がない

青汁ダイエットの効果があらわれるのは、ほかのダイエットと比べてもかなりゆっくりです。半年や1年のスパンで考えると上手くいきます。急いでダイエットしようと思うと、短期間に大量に飲めば効くように感じてしまいます。しかし、大量に青汁を飲んでも逆効果のこともあります。

 

・ 大量の食物繊維で便秘
便秘の体質によっては食物繊維の摂取が逆効果になることもあります。ストレス性の便秘症の方は、腸を刺激しすぎてしまうのです。いっぱい飲めば早く痩せるという考え方は避けてください。大量の食物繊維はお腹がゆるくなり、体のバランスが乱れやすくなります。

 

・ 1日1杯から
青汁メーカーでは大抵1日1杯を勧めています。必ず許容用量が記載されていますから、その量を守るようにしてください。1日3回飲む場合は、一気に増やすのではなく少しずつ様子を見ながら増やしてみましょう。しかし3回飲むと費用も高額になりやすいため、一番続けやすいのは1日1杯です。

 

・ 運動も取り入れて
青汁ダイエットは食生活を基本に戻して健康的に痩せる考え方です。飲むだけだと効果がかなりゆっくりとなるため、早く痩せたい方は運動も取り入れましょう。本格的な運動ではなく、1日10分でも15分でも良いので毎日続けることです。